過払い金について

消費者金融に絡んで「過払い金」という言葉がよく聞かれます。電車内の広告などにも「過払い金取り戻します」などという法律事務所の広告が乗っていますので、目にする機会の多い言葉となっています。では、この過払い金はいったいどういうもので、なぜ、借金を返済した際のお金を取り戻すことができるのでしょう?

「過払い金」は文字通りの意味としては「払い過ぎたお金」のことですが、どうして消費者金融の返済で「払い過ぎ」などということが発生するのでしょう?
それは、こちらも一時期よく目にした単語「グレーゾーン金利」というものが関わっています。このグレーゾーン金利とは、利息制限法の定めていた20%を超える法外な金利のことですが、出資法は29.2%まで利息をとってもよいと定めていたため、その2つの法律の間の矛盾点をつき、「出資法にもとづいてとられていた20%を超える金利」のことです。

グレーゾーン金利じたいは出資法の改正によって現在では存在しなくなりましたが、最高裁判所の判例によって「グレーゾーン金利をとっていた貸金業者はその分を利用者に返還する義務がある」とされたため、その余分にとられた「過払い金」を取り戻す支援をしようという動きが法律事務所などで盛んになったのです。実際に取り戻すためには「過払い金返還請求手続き」をおこなう必要があります。これは、まだ借金を完済していない人はもちろんのこと、もう完済してしまった人も、10年前までは過去の返済分にさかのぼって返還請求することが可能です。