信用情報への影響

「消費者金融を利用すると信用情報にマイナス要因として記録され、その後、住宅ローンなどを組む際に不利になる」という人がいます。消費者金融は、本当にこのように信用情報を不利にする要因になるのでしょうか?

そもそも信用情報というものに具体的にどのような内容が載っているのかといえば、住所、氏名、年齢や職業、また勤続年数からはじまって、年収などがその主な要素です。そしてそのようなプロフィール的な情報に加え、ローン、またクレジットカードなどの契約内容や過去の契約、そして債務整理の履歴、公共料金や携帯電話料金の支払い情報などです。

このような内容を載せるのが信用情報であるため、消費者金融からお金を借りた場合、必然的に信用情報にもそのことが掲載されます。しかしこの「消費者金融からお金を借りた」ということ自体がマイナス要因として判断されることはまずないといっていいでしょう。
そして、しっかりと返済をすれば、次に別の金融機関からお金を借りる際にも、「返済の実績をきちんと持っている」と、プラスの評価をしてくれる場合が多いです。

このように、信用情報に関して「消費者金融でお金を借りる」こと自体をいたずらに恐れる必要はありません。